CRA求人サイトランキング利用のメリット

土日休みのCRA求人を探すなら!

人気転職エージェントはコチラ!

CRAの求人情報を見てみると、「土日休み」と記載している案件もあるにはあります。しかしその数は決して多くないと思っておきましょう。というのもCRAの仕事は、治験の業務に携わっているときはどうしてもスケジュールが変則的になってしまうからです。またCRAの業務は、残業がつきものです。企業によって変わってきますが、平均すると月に30〜40時間程度の残業が発生しているとされます。1日当たり1〜2時間程度の残業です。治験終了後にデータの取りまとめなどの事務作業に手間取って、残業せざるを得ないわけです。治験は新薬の承認を得るためにも欠かせない工程ですから、「ここで良い」といったような切り上げられる類の業務ではないです。

またCROの中には、日本全国で治験を実施している大きなところもあります。このため、遠い地方で実施される治験のモニタリングをするために、出張もしばしば起こりえます。そして治験期間中はずっと医療機関に赴き、治験の進捗状況をチェックします。こうなると何日間にわたる治験の場合、休日出勤もしばしば起こります。土日休みのCRAの求人はこのような業務内容もあって、なかなか出てこない側面はあります。

休日出勤を避けたいと思うのであれば、土日休みの案件が出てくるまで待つ方法もあります。しかしもし自分の住んでいる地域で、なかなか土日休みのCRAの案件が出てこないようであれば、多少譲歩してみるのはいかがですか?たとえば、土日出勤をした際にはその翌週に振替の休日が確保されているといったような条件の付いた募集を探してみることです。CRAの募集を出している企業の中には、土日出てきた場合には、別の日に休日を与えてくれるような募集も見られます。シフトがどのようになっているのか、面接試験を受けたときなど確認することが大事です。ただしCRAの仕事は、完全週休2日制を担保するのは決して簡単ではないと思いましょう。

これまで調剤薬局やドラッグストアで勤務してきた人は、ほとんど残業もなく定時で退社できて、日曜日は休日が取れたという薬剤師は多いでしょう。このような世界からCRAに転職すると上で紹介したようなスケジュールなど、さまざまな仕事の違いで戸惑うことも出てくるはずです。しかし自分が携わった新薬が世に出ることで、多くの患者の命を救ったり、生活のレベルを上げたりすることができるかもしれません。そのような社会的意義のあるやりがいのある仕事でもあります。

人気の薬剤師転職サイト!「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

© 2018 CRA求人サイトランキング