CRA求人サイトランキング利用のメリット

CRAの転職のポイント

人気転職エージェントはコチラ!

CRAに転職するためにはいくつかのポイントがあります。それはCRAが特殊な職業であることが大きく関係しています。そのポイントを押さえて転職活動を行う必要があるのです。

現在ではCRAとして勤務する場合、3つの形態があります。それは、製薬会社、CRO(医薬品業務受託機関)、そして派遣会社です。

順番に説明していきます。まず、製薬会社ですが、CRAとしての募集は行っていません。これは新卒でも転職でも同様です。製薬会社に一般職あるいは薬剤師として、専門職として入社し、先々でCRAに異動することを期待するしかない状況です。しかし製薬会社が正社員としてCRAを擁立することは近年では少なくなっているので、製薬会社からのCRAは望み薄と思った方がいいと思います。

二つめのCROですが、このCROの社員として勤務する方法が一番CRAとして働きがいのある環境といえます。CROで勤務する場合の形態は、正社員の場合と派遣社員の場合があります。派遣社員の場合でも待遇は正社員と変わりませんし、実績によっては正社員登用の道もありますから、CRAの仕事にこだわるのであれば、正社員、派遣社員は二の次と考えてもいいかもしれません。製薬会社から、治験に関わる様々な業務の委託を受けるのがCROの主な仕事です。その様々な業務の中にCRAの業務があります。製薬会社から委託を受けると製薬会社の担当者とともに医療機関での治験の円滑な業務を推進していくことになります。ここでは派遣社員であってもCROの社員として振る舞いCRAの業務を行うことになります。CRAは様々な製薬会社の治験に関わることができるので、キャリア形成には最適な場所といえます。また、派遣社員であってもその実績によってはすぐに正社員への声がかかるのむ十分にかんがえられるでしょう。

そして三つめの派遣社員ですが、CROの派遣社員とは違って、まったくのフリーの状態の派遣社員です。その行動は派遣会社の管轄になりますが、自由度が高く、さまざまな治験に対応できる、いわばCRAのプロフェッショナルのイメージがあります。じっさいに経験が高くなければ派遣会社としても自信をもって派遣ができませんから、その実力はもともと大手の製薬会社でのCRAであったかCROで経験を積んだCRAなのです。

CRAの需要は高く、今後もその傾向は変わりませんので派遣としてのCRAは十分に食べていけてビジネスとしても成り立ちます。その分、派遣のCRA成果を求められるので常に緊張感を強いられる立場でもあるのです。

以上の3つの点でCRAとしての業務が可能です。理想はCROの社員としての業務ですが、経験を積んだCRAであれば、派遣のハンデはありません。むしろ交渉次第ではより、高級が期待できるでしょう。 CRAは嘱望されている職種であり、仕事が切れることがないのが魅力といえます。

人気の薬剤師転職サイト!「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

© 2018 CRA求人サイトランキング