CRA求人サイトランキング利用のメリット

製薬会社のCRA求人を探すなら!

人気転職エージェントはコチラ!

結論から言いますが、製薬会社のCRAの求人は決して多くありません。今製薬業界では分業化が進んでいます。治験は治験専門の企業である、CROが受け持つケースもかなり増えています。このため、製薬会社でCRAを雇う必要性がそれほど高くなくなっています。CRAとして就職するにあたって製薬会社にどうしてもこだわるのであれば、なかなか転職先がすぐには見つからない可能性も高いと思うべきです。ただし少ないには少ないですが、全く募集が出ていないわけでもないです。

製薬会社のCRAになった場合、自社で開発した医薬品の治験を担当します。製薬会社によって、薬の開発の中でも力を入れている分野は微妙に変わります。製薬会社のCRAに転職するにあたって重要なポイントは、その製薬会社がどのようなジャンルの開発に多く携わっているかを確認しておきましょう。薬剤師の中には、特定の分野の医薬品を数多く取り扱ってきたという人も多いはずです。

自分の得意分野と製薬会社の力を入れている開発分野が同じであれば、それが採用の決め手になる可能性があります。製薬会社もここ最近の日本の景気停滞の影響を受けている面は否めません。できることなら人件費も余計な部分は削りたいというのが本音なのです。特に人材育成には時間がかかりますから、即戦力の人材を求める傾向が見て取れます。医薬品メーカーの力を入れている方面に強みを持っていれば、面接などの場でどんどんアピールした方が良いでしょう。

人件費を極力かけたくないという理由で、製薬会社の求人の中にはCRAの経験者だけを対象にしている案件もしばしば見られます。どうしても製薬会社のCRAになりたいというのなら、段階を追って就職の足掛かりをつかんでみるのも一考です。CROという治験を専門的に請け負っている企業では、意外とCRAの未経験者でも採用してくれる会社があります。まずは敷居の決して高くないCROに就職します。そしてそこでCRAとしての経験を積んでいき、製薬会社にタイミングを見計らって転職する方法です。少なくても3年程度はCROにおいてCRAとしての経験を積んでから、製薬会社への転職にチャレンジすべきです。

製薬会社のCRAの場合、自社製品の医薬品だけに専念できます。特定のジャンルの医薬品に関する知識を深めることができます。狭く深く知識やスキルを獲得してステップアップしていきたいと思っている人におすすめの職種といえます。

人気の薬剤師転職サイト!「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

© 2018 CRA求人サイトランキング