CRA求人サイトランキング利用のメリット

CRAの残業

人気転職エージェントはコチラ!

仕事には残業がつきものという意見と、手際よく仕事をこなして定時で終わるという意見の両方があると思います。業種によっては十分な時間を与えているのに残業するのは能力が足りないからという考え方があるのも事実です。

実際には労働関係の法律によって定時間外の仕事をした場合には残業代を支払うようになっています。それではCRAの仕事の状況はどのようになっているでしょうか。ご存知のようにCRAは1人で行う仕事ではありません。自分だけの都合で先に帰ることはほとんどありませんし、状況によっては他の誰よりも遅く帰ることもあるでしょう。

ある、転職サイトのCRAの募集要項には、月平均30時間から40時間の残業があると書かれていました。これは、毎日1.5時間から2時間の残業ということですから、他の一般の業務に比べて残業が特に多いようには見えません。

CRAの仕事は、日中は治験の業務に忙殺され、定時後がやっと自分の時間ということがよくあります。その時間は、その日の治験のデータのまとめ作業や明日以降のスケジュールの確認、治験場所は一つではありませんから、出張の確認などするべきことは多いのです。

時間が来たら終わるような仕事では残業はないでしょう。しかし終わってからが勝負という仕事はいくらでもあります。銀行の窓口は昼過ぎの15時に閉まりますが、それからが勝負です。その日の現金の出し入れで1円でも合わなかったら帰ることができません。

CRAにしても同様です。その日に行われた治験のデータが思わしくない場合、しかもそれが何日も続き、改善の傾向がない場合は、治験の実施計画の練り直しも必要になるでしょう。そのようなことは日中にはできませんので、必然的に作業は夜ということになり、深夜に及ぶようなこともあります。

また、出張による移動時間などはどうしようもありません。その日のうちに、現地に着いておく必要のある場合が多く、その場合はどうしようもありませんが、CRAの仕事に残業はつきものと考えていいでしょう。そして、その残業がどこまで認められるのかということになると思います。多くの場合、残業はタイムカードで管理されているわけではなく、自己申告制ということが多いです。ちょっと前まではサービス残業ということがよくいわれていましたが、CRAの世界ではまさにそういう問題に直面することが多いのです。

しかしそれ以上に仕事に対して完遂意識を持たなくてはいけない職業です。終わらなければ残業をするのは当たり前の世界といえるでしょう。

人気の薬剤師転職サイト!「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

© 2018 CRA求人サイトランキング