CRA求人サイトランキング利用のメリット

CRA未経験の求人探し

人気転職エージェントはコチラ!

CRAの業務に就きたい場合、転職サイトをみてみると医療機関での何らかの経験者が採用の条件となっていることが多いようです。

必要な資格としては、4年制大学の理系学部卒業、看護師、薬剤師、臨床検査技師と記述してあることが多いです。そして、製薬会社のMR経験者は営業担当の折衝経験者として優遇される傾向にあります。

そして肝心の職務経験なのですが、CRCでの経験者、または製薬会社での研究開発をあげていることが多いようです。

ざっと見渡してみても、未経験者可という記述があるのは1件もありませんでした。ただし、上述したようにCRAが未経験でもCRCとしての経験があればOKということです。ただし、CRCとCRAはその業務内容にかぶる面が多くCRA未経験というには当たらないようにも思えます。

CRAは製薬会社側の立場に立つことになるので製薬業務に精通していることが条件となることも多いです。CRAは治験の現場では人の間に立っての折衝能力が必要になります、円滑な治験作業を進めるためには、治験スタッフ全員のチームワークが必要になりますが、そのチームワークの要になるのがCRAなのです。そのためにも折衝能力にも経験豊富な人が求められるのは当然かもしれません。

それでは、CRA未経験者がCRAとしての職に就くのは不可能なのでしょうか。まずは、転職サイトでCRAの求人を探すことから始めなくてはいけません。サイトは薬剤師専門の転職サイトがいいでしょう、企業関係でフリーワードをCRAと入力して検索するとそう多くはありませんが、何件かは表示されると思います。職務経験欄に「未経験者可」とあれば、応募すればいいのですがそれはなかなかないでしょう。多くはCRA経験者か、類似するCRC経験者、または製薬会社で開発部門にいた人、またはMR経験者ということです。

こうなってくるとハードルは高いのですが、未経験でも応募して自分がいかにCRAの仕事に就きたいかをアピールするのもいいかもしれません。しかし採用側も、CRAとしての豊富な経験者を求めているので、未経験者が採用される可能性は低いでしょう。

対策としては、転職サイトに登録して自分のプロフィールとCRAとしての業務希望で登録しておくことです。可能性は低いですが企業から問い合わせがないとも限りません。

他には、急がば回れのことわざもあるように、自分のキャリアを磨くことです。採用側の職務経験にMRというのがありました。製薬会社のMRは営業なので、その経験は必ずCRAの役に立ちます。まずが製薬会社のMRとしてキャリアを積んたうえでCRAへの転身を図るのもいいでしょう。

他には派遣登録してCRAとしての仕事を待つことです。この場合は派遣会社が探してくれるので自分で探すのと含めて馬力は2倍なので、より効率的ですね。

人気の薬剤師転職サイト!「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

© 2018 CRA求人サイトランキング