CRA求人サイトランキング利用のメリット

CRAの募集先の探し方

人気転職エージェントはコチラ!

CRAを募集しているのは現在ではCROと呼ばれる、医薬品開発業務受託機関です。従来はCRA、またはその業務に近いことをしていた人は製薬会社に所属していました。いうなれば製薬会社の社員だったわけです。これは医薬品の開発業務に携わる業務であることからもCRAが製薬会社の社員であることは都合のよい面がありました。

しかし、CRAという業務が確立され、製薬会社の経費削減の動き、そして、第三者的な立場を要求されたCRAは徐々に製薬会社から離れていったのです。もう一つは、臨床試験、治験に関する基準が変わったことで業務の多くを外部委託できるようになったことも大きいようです。

とはいっても書類作成などは製薬会社に則ったものが必要なので、第三者的とはいいながら、製薬会社よりなのは仕方のないところでしょう。同様にCRCは医療機関側に立つことが多いので、うまいぐあいにバランスがとれています。

そのようなCRAの所属はCROということが多くなりましたが、全てのCRAがCROに所属しているわけではありません。CRAは派遣会社所属ということも多く、というよりも派遣社員のCRAが多く存在しています。

CRAとして働きたい場合、その就職先はもはや製薬会社ではありません。製薬会社からのCRAの募集はないと思って間違いないでしょう。現在の製薬会社所属のCRAは、元々製薬会社の社員であって、社内異動でCRAの業務に就いている人、または派遣社員ということになります。このようなことから、製薬会社の社員としてCRAを募集することはないと思って間違いないでしょう。

そして、CRAの職に就きたいのであれば、CROまたは派遣会社に登録することになります。これは、CROや派遣社員のほうが、特定の製薬メーカーだけではなく、様々な製薬メーカーとの関わりの中で新薬の臨床検査に携われるという利点があります。

CRAとして働きたいという明確な目標がある場合、その仕事を探すのは簡単なような気がしますが、専門的すぎて一般的な転職サイトでは見かけることが少ないと思われます。探すのであれば、薬剤師専門の転職サイトがいいでしょう。ここで検索フリーワードに「CRA」と入力して検索すれば、CRAを募集している会社の一覧が表示されます。また、じっくり探したいのであれば、自分のプロフィールなどを登録し、さらにCRAに対する思いを記入しておけば、CRAとしての人材を探している企業の目にもとまると思います。CRAは専門的な経験が必要とされる職種で、経験者優遇という場合が多いです。またCRAの業務に就くための資格というものはありませんが、多くの場面で薬学に対する知識は必要になります。 そのため、薬剤師の資格があるほうがより転職に有利となるのは間違いのないところです。

人気の薬剤師転職サイト!「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

© 2018 CRA求人サイトランキング