CRA求人サイトランキング利用のメリット

CRAとCRCの違い

人気転職エージェントはコチラ!

CRAに対してCRCとよばれる職業があります。CRCは、Clinical Reserch Coordinator略で、治験コーディネーターとよばれています。そして治験には、CRCとCRAが深く関係しています。

CRCは治験を実施する医療機関の皆さんが無理なく治験業務に取り組むことができるように、調整とサポート業務を行います。どうように被験者のケアも行います。

こうしてみるとCRCはCRAと同じような業務をしていることに気づくと思います。それではCRCとCRAの違いはどのようなものなのでしょうか。その説明をするには、治験という根本的な問題を説明した方がいいでしょう。治験を行うには、二つの機関が存在します。それは、依頼する側と依頼される側です。ここでいう、治験を依頼する側というのは製薬会社のことになります。そして依頼される側は、治験を実施する側ということで、これは医療機関のことになります。

製薬会社は治験を行ってほしいと、医療機関に依頼するのです。医療機関が治験を受け入れることで、依頼者側と実施者側の両者の関係が成立します。

治験という業務は、新しい薬を開発し、社会にでるまでの工程の中の臨床試験の一部です。一部とはいってもこの治験での成否によって新薬が社会にでるかどうか決まる要素になるのでとても大事な業務なのです。

そして現在では、新薬の開発にもスピードアップが求められています。従来のように早くても10年もかかるような新薬開発スピードのさらなるスピードアップが求められているのです。さらに治験の規模も大きくなってきました。そのため、今までのように、製薬会社の担当者と医療機関側の担当者で行っていた治験が双方の担当者だけでは立ちゆかなくなってしまったのです。

そこで、製薬会社の治験担当者のサポートとして発展してきた人がCRAなのです。ですからCRAは製薬会社側に立って、医療機関に依頼した治験が、計画通りに進んでいるのかを確認するのが主な業務となります。

一方、医療機関側を見てみると、製薬会社から依頼のあった計画通りに治験を進行するためには、医師や薬剤師、臨床検査技師だけでは難しい場面が多いということがわかったのです。そのため足り部分を補うためにCRCという治験コーディネーターが嘱望されたのです。具体的には医師や薬剤師、臨床検査技師のサポートをすることが主な仕事となります。

最後にわかりやすくまとめると、治験を依頼する側が製薬会社で、そのサポートをするのがCRA、そして治験を実施する側が医療機関で、そのサポートをするのがCRCなのです。

人気の薬剤師転職サイト!「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

© 2018 CRA求人サイトランキング