CRA求人サイトランキング利用のメリット

CRA求人掲載!薬剤師転職サイトランキング!

薬剤師の転職者の多くが、CRAを希望しています。CRAは専門知識を要するので、一生モノのスキルを身につけることができることと、社会貢献度が高いということもあって、非常に人気の職業です!

人気の職であるCRAの求人はどうやって探せばいいのでしょうか??それは簡単です!薬剤師に特化している専門転職エージェントを利用すればいいのです。当サイトでは薬剤師転職エージェントの中でも評判の良いものを5社、厳選してご紹介しています!5社ともすべて完全無料です。無料だとサービスが悪いのではとお思いですが、そんな事はありません!あなた専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。求人の紹介はもちろんの事、カウンセリング・転職相談、医療機関の見学・面接日時の設定など、あらゆる面でサポートを行ってくれます。

ちなみに当サイトではリクルートグループ運営の「リクナビ薬剤師」が人気です。求人数が豊富で、希望の求人を見つけるには最適のエージェントと評判です。経験豊富なキャリアコンサルタントが多くいますので、転職に不安がある方も、安心して利用できるエージェントです。

薬剤師転職サイトランキングTOP5!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の転職サービスを利用した方の多くは年収アップに成功しています。

年収アップのカギは交渉力、専任コンサルタントが、希望に添った細かな条件交渉を行っています。

多数の非公開求人を抱えています。会員登録をした頂いた方に、初めてその全貌をお見せします。

面接にコンサルタントが同席するサービスがあります。細かな条件はコンサルタントに任せます。

転職するからには年収アップ。そのように考えている人の期待を裏切らないのがリクナビ薬剤師です。

なかなか採用されないCRA。リクナビ薬剤師なら採用されるかも!期待度アップの転職サイトです。

転職を強力にサポート。応募書類の添削、面接対策まで対応してくれるのはリクナビ薬剤師だけです。

転職には悩みがつきもの。悩みを全てコンサルタントにお伝えください。一緒に考えてくれます。

リクナビ薬剤師への登録はコチラ

マイナビ薬剤師

仕事内容が細かく指定でき、都道府県別に「治験開発モニター(CRA)」で一発検索できます。

「未経験者可」「新卒応募可能」「転勤なし」などのこだわり検索、フリーワードでも検索可能です。

地域と路線名で探すことができるので、通勤経路を重視している人には嬉しい機能です。

マイナビ薬剤師の特徴にキャリアコンサルタントの存在委があります。とても頼りになる人たちです。

求人情報を見ていてここがいいなと思った会社・・。その会社の評判を聞くことができます。

目標を持っていれば、その目標を自分のことのように考えてくれるのがキャリアコンサルタントです。

常に連絡がとれ親身になって考えてくれるキャリアコンサルタントは最良のパートナーです。

希望職種であるCRA(治験モニター)や求職条件をもとに求人会社をリサーチしてくれます。

マイナビ薬剤師への登録はコチラ

薬キャリ

掲載している会社をコンサルタントが徹底的にリサーチ!安心できる会社しか掲載していません。

薬キャリはスピードを重視しています。中には2日で転職という離れ業も!!

役立つ非公開求人をたくさん抱えています。その全貌は会員登録後即座に公開されます。

転職の一番の目的は年収アップです。その年収アップはコンサルタントも気持ちを共有しています。

メールではなく、相談は電話が基本です、だから対応が早くスムーズに会社を紹介できます。

薬剤師専門サイトの中でも、最大級の求人数を抱えています。必ず希望に沿った会社がみつかります。

薬キャリは薬剤師専門の転職サイトです。求職者には必ず転職の道を示してくれます。

夢を語る転職者には希望を持って応えます。難関のCRAへの転職もきっとかなうでしょう。

薬キャリへの登録はコチラ

ファルマスタッフ

まずはざくっと検索して、そのあと徐々に条件を指定して絞り込んでいくという探し方ができます。

会員登録で自分のプロフィールの入力ができます。細かく入力することで求職の機会が増えます

自分のスタイルに合わせて、経験豊富なスタッフがサポートしてくれます。悩むよりまずは相談!

派遣登録もできるため、求職の幅が広がります。様々な労働環境の調整に役立てることができます。

紹介予定派遣のシステムがあります。相思相愛で正社員の道がある、とても嬉しいシステムです。

毎日、新しい求人情報が更新されるので、常に新しい情報を目にすることができます。

非公開の求人情報も多く、会員登録や非公開情報に接することで思わぬ情報が入ることがあります。

気に入った求人が多すぎて嬉しい悲鳴。その際は担当コンサルタントが相談に乗ってくれます。

ファルマスタッフへの登録はコチラ

ヤクステ

職種別求人情報ボタンに「治験」があるので、CRA希望の方は一発で検索することができます。

毎日更新の新着情報を確認することができます。中には思わぬ掘り出し物があるかもしれません。

大手転職サイトにない細やかなサービスができる。サポートサービスに無料で登録できます。

「特選求人」という、社宅制度など、一つの事に特化した求人ばかりを集めたボタンがあります。

聞きにくい給料や残業のこと。あなたに変わってサーチコンサルタントが代わりに聞いてくれます。

初めての転職に不安はつきものですが、専任スタッフが側について強力にバックアップします。

時は金なり、会員登録から採用内定までがスピーディで必ず希望に添った転職ができます。

派遣社員としての登録が可能です。フレキシブルに自分のペースで働きたい人に向いています。

ヤクステへの登録はコチラ

CRAとして薬剤師資格を持った方が重宝される理由とは

CRAとは、英語のClinical Research Associateの頭文字をとったもので、一般には治験契約やモニタリング、CRF(症例報告書)の確認、回収、治験業務連絡や書類手続きを行なう治験のサポート役のことです。臨床開発試験の中で、仕事の発注から関係者との連絡、そして経過観察業務から治験の終了までをトータルで取り扱います。業務としてはプロジェクトベースで仕事を受けることが多くなります。

もちろん臨床開発試験ですから、薬剤に対する幅広い知識や、書類作成、事務手続き遂行能力や交渉業務などに慣れている人、薬剤師でも事務職でその能力をいかしていきたい人に適した職業となっています。

比較的、治験業務依頼者、製薬会社が大都市圏やその近郊に多いので、大都市圏に住んでいる場合は、沢山の企業が人材を探しているので高待遇の仕事が見つかる場合も多くなっています。

治験業務を実施する為には医師、CRC、製薬会社やプロジェクト関係者など、様々な人々とのコミュニケーションが大事になってきます。治験依頼者側のモニタリング業務をするので、治験実施医療機関での実施状況を細かく公正に報告するのが仕事ですから、現場の関係者との距離を上手く保つことも、仕事遂行上大事になってきます。

もし病院や調剤薬局ではなく、薬学の知識をいかしたオフィースワーク、もしくはコミュニケーション力や事務能力に自身がある方は、このCRAの仕事にチャレンジする価値はあります。もともと薬剤師は病院や製薬会社との関わりがある仕事ですし、前職で得た経験や現場での幅広い知識が新しい職場で活用できるに違いありません。

もちろん、すでにCRAとして仕事をした経験のある経験者なよりCRA としての転職成功の可能性も高く、あらかじめ薬剤師の転職エージェントに希望年収、そして就業場所、条件などを登録しておけば、条件にぴったりの求人がでてきたときにはすぐに紹介してくれることでしょう。

薬剤師という資格はこれら治験業務に関係する仕事でも高く評価され、その資格があることで就職に有利になることがあります。治験業務だけでもその他CRCとして働く、SMO機関で就業するなどの選択肢もあります。薬剤師であり、なおかつその知識や経験を事務職やコミュニケーション、交渉業務でいかすという可能性もあることを知って下さい。いまは薬剤師のカテゴリーにとらわれない、様々な仕事の可能性に目を向けるべきだと思います。まずは未経験でも興味があるとか、自分のキャリアプランや年収の条件にあっているというのなら、こうした治験関係の職務に従事してみるのも一つの選択でしょう。

© 2012 CRA求人サイトランキング